コンテントヘッダー

「溺れる赤ん坊のメタファー」の話

社会運動に取り組む者が知っておくべき寓話がある。「溺れる赤ん坊のメタファー」である。

それはこんな話だ。

あなたは旅人だ。旅の途中、川に通りかかると、赤ん坊が溺れているのを発見する。あなたは急いで川に飛び込み、必死の思いで赤ん坊を助け出し、岸に戻る。

安心してうしろを振り返ると、なんと、赤ん坊がもう一人、川で溺れている。急いでその赤ん坊も助け出すと、さらに川の向こうで赤ん坊が溺れている。

そのうちあなたは、目の前で溺れている赤ん坊を助け出すことに忙しくなり、川の上流で、一人の男が赤ん坊を次々と川に投げ込んでいることには、まったく気づかない。

これは「問題」と「構造」の関係を示した寓話だ。問題はつねに、それを生み出す構造がある、そして、その構造に着手しなければ、真に社会問題を解決することはできないのだ。

『「社会を変える」を仕事にする』駒崎弘樹(英治出版)


引用だけ。

社会福祉法人をはじめとして、
「目の前の困ってる人」をどうにかしたいと思う気持ちや、
行動に熱い人は多い。
けれど、「上流」を見る人はそんなに多くないし、
「上流で赤ん坊を投げ込む男(女)の『背後』」まで見る余裕がない人が大半だろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 社会福祉士
ジャンル : 福祉・ボランティア

コンテントヘッダー

「グリル厄介」は、ティラピア

「鉄腕DASH!」の人気コーナーは、
沖縄に繁殖する外来魚・ティラピア。
スペシャル企画で「イッテQ」メンバーの参加もあった。
(だったら、この前の「イグアナ」ぐらいのインパクトは欲しかったが)
元々は食用に養殖しようと輸入されたものだから、
そこそこ美味しいに違いない。
(単に、コストに見合う値段で売れないから商品にならなかっただけで。)
養殖場でないから、淡水魚特有の「泥臭さ」はあるだろうが。
普通にイタリアンに調理できた。

※「0円食堂」で調理できたら大したもんだったな。

テーマ : 雑学、クイズ、教養 番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コンテントヘッダー

「科捜研」最終回スペシャル

犯行のターゲットは、「ルベルタ共和国」副大統領?

「エルドビア」に隣接する、南米の独裁国家・・だっけ。「相棒」でも。
誰に狙われてもおかしくない設定から、「予告」してるのは40年前に死んだはずの幽霊?
二時間スペシャルにふさわしい、見ごたえのある展開だったのは、間違いない。

前回の「科捜研・過労公務災害」事件のあとでも、マリコさんの「無茶振り」は変わらず。

(今回のシリーズは、特に無茶振りが目立った。風丘先生みたいな「民間人」に対しても。)
コンテントヘッダー

市営住宅の「承継」。できるのか?

社会福祉士国家試験の「正解」発表。
で、毎度の「個別の問題へのイチャモン」

【問題69】~(低所得者に対する支援と生活保護制度)
事例を読んで、光栄住宅の居住に関する市の総合相談窓口の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Jさん(51歳)は、30年間P市の市営住宅(4階)で引籠もりの状態が続いており、生活費は同居の母親(82歳)に頼っている。最近、母親が病気になり、Jさんは将来の生活費と住まいが心配になったので、P市の相談窓口で生活保護と市営住宅について相談した。

【選択肢】
①:母親が歩行困難になり、同じ市営住宅の1階に転居する必要が生じても、敷金は減免されないと説明した。

(中略)

⑤:入居契約をしている母親が亡くなった場合、P市の承認を受けて市営住宅に住み続けることができると説明した。


発表正解は?
でした。

実際は、抽選外れ続きの市民が多い中で、特定の人達が「世襲」で住み続けるのは不公平である・・と、
(国交省の通知を受けて、)
「使用承継を認める範囲」は、「原則として名義人の配偶者のみ」
で、「親から子」への使用承継は基本的に不可。
(都営住宅HP)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_keiei/260toei1_01.htm

「51歳の引きこもり」は、高齢者でも障害者でも難病者でもなく(出題文中の条件」では)、「例外」の対象外。

どうにかして入居継続する方法があるにしても、無責任に総合相談の立場で「できると説明」してはいけない。
個別に自治体ルールはあるが、「国家試験」の出題としては「不適当」でしょう。
(問題作成者の地元が「全国ルール」ではない。)

そもそも、「高齢の親を頼る引きこもり」が、親の亡き後、単身で生活できるのか?の疑問もある。
「どうやって暮らす?」の方向を考える前に決めることではない。

ついで。
(「より適切」かはともかく、「正しいかどうか」だと)
誤解とされる?「1階に転居するときの敷金」の減免。

すでに敷金を納めて市住に入居しているんだから、4階から1階に移動しても新たな敷金は不要で、「発生しない敷金」は「減免」のしようがない。
(新たな敷金が発生するなら、先に納めた敷金が還ってくるだろうし)
「減免がない」こと自体は間違いではない。

今までも、毎年のようにイチャモン問題はありました。(不適切で全員正解扱いも)
その時は90点から下駄履きでラインを下げてましたから、2点のイチャモンは「範囲内」かも知れませんが、
99点に引き上げたからには、「この問題の1点があれば合格できた受験生」は、申し立てできるんじゃないかと思います。
(「人情」として5番を選ぶ人が多いとは思いますが、マークシートミスで他を選んだかもしれない)

肩書きのある方がクレームつけたら、(リクエストとかチャレンジとか)
どうにかなるでしょうか?
どうにもならんような業界なら、永久に三流扱いで仕方ない。
(私は、受験生でないから請求権がないが。)

(※ 阪大京大の入試で「正解訂正」された受験生は繰り上げ合格になりました)


テーマ : 社会福祉士
ジャンル : 福祉・ボランティア

コンテントヘッダー

「第30回 社会福祉士国家試験」 結果は

今年の結果は、
http://www.sssc.or.jp/sokuhou/6F35xrtmf68HNknhbDZmD4Kx6DQrZe/shakai.html
「150点満点中、99点以上」にライン引き上げ。
本来は(6割を基準に難易度で補正)~つまりは90点
   (さらに、各科目で「0点」がないこと。)
基準の1割増。(例年80何点で、80点を切ったこともある)

で、合格率は、久々の30%超え。(例年27%ぐらい)
かなり易しい問題だった反映だろう。
(そんな易しい問題で、「プロ」が10問も間違えるなよ。)

問題を作るほうも、
「6割できれば実力を認められる」という自信がある問題を作ればいいのに、
テキトーに下請け(科目ごとに誰か)に作らせて、
受験生の反応で「難易度補正」する、というのが情けない。
(作成した問題を、誰も検証せず。~してるというなら、さらに情けないのが「問題不適切」の起こること。)

そもそも、「難易度補正」というのは、大学入試で【化学で受験した生徒と、物理で受験した生徒とで不公平にならないような配慮】の調整であって、
資格判定のための「絶対評価」の試験で使うようなものではない。
(今年の合格者は何人ぐらいにして、それに合わせて得点設定しておこう、という「相対評価」なのか?)

こんなことだから、社会福祉士の立場(権威?)はいつまでも低いままだし、
「社会福祉士会」も、身内の「研修事業」で受講費稼ぎしてると思われる。
(「認定社会福祉士」とか、「上級認定社会福祉士」とか、さらに上の肩書きを欲しがるが、国家試験ではない。
~「管理栄養士」とか「管理薬剤師」とかは、国家資格。)

そんなことも指摘できないようでは、
(こういう試験の「合格者」で学生を集めようとするだけの)
福祉大学、福祉学部が「三流」扱いされても仕方ない。

テーマ : 社会福祉士
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード