コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

平和資料館に「ないもの」

先日の、広島平和資料館の展示で、
「当然、そこにあるはずのもの」なのに、「全く展示されていないものに気づかれた方はいるだろうか。

原爆の被害として最も大きい「死者」は、「数字」としてしか表されない
(重度の火傷を負った方々の写真は展示されているが、
あくまでも「救護所」に運ばれて「治療を待っている人々」である。)
「はだしのゲン」で描かれた、「死体の山」などは、一切ない。

もちろん、修学旅行に訪れる少年少女に酷い写真を見せることは憚られるだろうが、
「世界最初の核兵器被災地」として、
何か、「威力の説明」に偏っているように感じた。
人類の起こした大きな犯罪行為として、告発され続けるべきものだと思うが。
 (投下した米軍に対する遠慮もあるんだろうが、あえて死者の写真を隠すのが「日本的」なんだろうか?)
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

コンテントヘッダー

「TPP」をトランプが阻止?

アメリカ大統領選挙は、下馬評を覆して、トランプ候補が勝利。

戦前から、TPPに堂々と反対してたのは、トランプとサンダースだった。
ヒラリー・クリントンは、サンダースの人気を見て、にわかにTPP反対を言い出した風がある。
(たぶん、ヒラリーが当選してたら、オバマが任期中に権限行使して強引に発効させるつもりだったんじゃないか。)

トランプが、どういう立場でTPPに反対なのかは不明だが、
言動から連想するのは、「南北戦争」。

リンカーンのヒューマニズムみたいな扱いをする人も多い「奴隷解放令」だが、
結局のところは、南部のプランテーション地主と、北部の工業地帯の資本家による、
「安価な労働力」争奪戦だった。

トランプを支持した人達(数の上ではヒラリーのほうが得票しているのに、「獲得選挙人」でトランプが勝っているのだが。)の主力は、
白人のワーキングプア層だとか。

「移民労働者」を敵視すれば、白人労働者の票になる。
さて、当選してしまうと、どうするか?

TPPで、利益を得る企業代表は、「アフラック」あたりで、
(「オバマケア」は、公的社会保険でなく、アフラックの儲けネタだった)
トランプの想定する「強いアメリカ」企業は、GMとかGEなどの製造業か。

日本だと、80年代の「貿易摩擦」時代に世界を席巻した「メイドイン・ジャパン」は、
いまや空洞化して、テレビも作ってない。
SONYの儲け頭は「ソニー生命」「ソニー銀行」など、保険金融業。

工場が閉鎖になっても損をしない産業は、率先してTPPに賛成だろうし、
トランプが思う以上に「空洞化」は進んでいるはずだが。
(GMだって、どれだけメイドイン・USAなんだか?)

ボーイングを儲けさすために、世界中で紛争を起こす・・っていう流れはありそうだし、
(軍事産業は空洞化させないだろう)
先の短いトランプにとっては、将来にツケを回してシェールガスで目先の儲けを上げるのは平気だろう。
  (「COP3」なんかクソくらえ・・っていう)
困ったやつであることは間違いない。

マイケルムーア監督が警鐘を鳴らしていたが、
(木村太郎がトランプ勝利を予想した根拠が、マイケルムーアだったとか)
「煽動型」の政治家ってのが出てくる時代は、危ない。 (日本でも同じだが)

しかし、トランプが大統領になったらどうだこうだ・・言いながら、
肝心の、日本人自身のことをエエカゲンにしてる人が多いんじゃないか?
(年金も保険もないような悪徳企業を放置して、「貧困大国」を着々と準備している現状を問題としないような。)

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

英国の「EU離脱」投票

国際的には、これが最大の関心事だろう。
(次のオリンピック開催地の知事がどうしたこうした・・なんか、どうでもいい。)

離脱の賛成派、残留の賛成派、それぞれに「もっともな」理由がある。
損得だけの問題もあるし、メンツの問題もあるし、どっちが「正解」ともいえない。
(何をモノサシとするか、の問題。)
各党の内部でも、それぞれの主張で分かれているという。

英国がEUを離脱したら、スコットランドが英国から分離してEUに加盟するんじゃないか?
の方向もある。

ただ、こういうことを、ちゃんと国民投票で確認する、というのが、民主主義の先進国なんだろうとは思う。

日本なんかだと、論議よりも「劇場」で決まっちゃうのを当たり前にする風潮がある。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コンテントヘッダー

「重力波」の観測

「重力波を初観測」米中心の国際研究チーム 発表
2月12日 7時14分 NHK

アインシュタインの名前が久しぶりに世界に登場した。
アメリカを中心とした国際研究チームは、11日、宇宙空間にできた「ゆがみ」が波となって伝わる現象、いわゆる「重力波」を初めて直接観測することに成功したと発表しました。重力波の観測は、ノーベル賞に値する成果とも言われ、日本の専門家も「天文学の飛躍的な発展につながる」と述べて高く評価しています。・・・

「ノーベル賞に値する成果とも言われ・・」というのが、
記者の物理学知識の薄さだろうか。

ガリレオ望遠鏡以来の画期的観測だともいわれているが、
正直、すごすぎて、どのくらいすごいのか実感できない。
  (~ 高校では物理を苦手として、受験科目は生物化学を選択した。)

(もちろん、ノーベル賞が一番偉い、という物差しではないが、)
「青色LED」あたりの「ノーベル賞」に比べても圧倒的に画期的な研究だろう。
何の役に立つか・・というレベルでは、けっして役には立たないのがこの手の研究。
 (青色LEDは、役に立ってるからなあ・・・)
コンテントヘッダー

「どこか」であったようなパターン

パリの「イスラム国」によるらしいテロ事件は、
その後、やたらと「フランス見だし」が目立つ。
日本でのサッカーの試合で「連帯」アピールがニュースになっていた。

ただ、テロにあっているのはフランスだけではない。
「なぜパリばかり注目」=アラブ世界に違和感―仏同時テロ
時事通信 11月18日(水)14時51分配信

 ・・一方、アラブ世界では、今回のテロをはるかに上回る犠牲者がシリア内戦などで毎日出ているが、パリほど注目されない。人々の間では「なぜフランスの事件ばかり関心が集まるのか」と違和感が広がっているようだ。
 ・・
 エジプト紙アルワタンも「アラブ諸国では毎日人々が死傷しているのに、なぜフランスばかりなのか」といったフェイスブック投稿者の違和感を伝えるコメントを掲載。町の喫茶店では「世界は二重基準だ」と不満の声が聞かれたことにも触れ、「強い国は注目され、弱い国は(強い国より)悲惨な事件が起きても目を向けられないものだ」と語る大学教授の見解を紹介した。・・


商品価値の高いニュース」だけ、煽るのは、かなり危険なことだと思う。

IS側としたら、フランス空軍がみずからの「領土」を爆撃しているのだから、
れっきとした「戦争」の扱いで、「敵国」の首都に対する「攻撃」というのは、戦争では普通にある。
 パリのテロより、空爆の犠牲者のほうが多いだろう。

「イスラム国」は国ではない、というのも、「周りがそう言ってる」だけで、当事者は国だと信じている。
 (かつての「満州国」は、国際的に「国」として認められなかったけれど、れっきとした国だと主張したのが日本だった。)

旧日本軍も、米軍に制空権を奪われてから「風船爆弾」でアメリカ本土を狙った。 目標設定できないから「無差別攻撃」しかない。
  (太平洋を挟んで、「自爆テロ」は難しいが、爆弾を抱えて「敵」に飛びこむ元祖は日本軍。)
兵士と一般市民が混在しているところを、まとめて攻撃しちゃえ、というのは、
「南京虐殺」も、「ヒロシマ原爆」も同じ口実。

明治時代から軍国教育を受けて育った人たちと、
生まれたときから「内戦」で育った、今のテロリストと、
中味はそう違うまい。 「神様」を掲げれば「正義」になると思っているところも。

歴史を振り返らずに、「ニュース」に振り回されては、「誰か」の思う壺だ。 

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。