コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「健康で文化的な最低限度の生活」2

いろんな理由で「家庭」での養育が困難となった子どもさんを、「社会的」に育てるため、
施設での養育と、「養育里親」による養育がある。

日本では、「タイガーマスク」の孤児院のイメージと、「明日ママ」の養子縁組探しのイメージしかないが、
「福祉先進国」のフランスやドイツでは、もっとポピュラーな存在である。

さて、養育里親さんの元で「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するために支給される生活費が、月に47000円。
(里親さんには手当が72000円)
施設を維持する費用に比べたら、里親家庭で預かってもらうほうが、国の負担は軽い。
(「施設にいる子は可哀想」だとかいう話は別の次元で)

一方で、島根県知夫村の「島留学」の小学生が、体験費用に43000円。中学生が45000円。
他町の高校生「しまね留学」が3万円ぐらいの費用だから、小中学生でそんなに取れんと思われているだろうが、
「最低限度の生活」より「リッチな体験」のほうが安い、
という事実。
(里親手当に当たる分は、地元の協力のおかげだろう。回り回って、経済効果は地元に還元される。)

しかし、だったら、「知夫村で養育里親する」という人は出てこないか?
47000円の生活費が余れば、貯金して大学進学費用に充てることもできる。
(里親さんの多くが、自腹で里親手当の中から進学費用に積み立てされているが)
卒業後に、「地元」に帰って就職したら返還免除の奨学金もあるし、
何より、「島じゅうが家族」みたいな所は、「帰る場所」のない寂しさを抱える「養護出身者」には貴重な存在と思う。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

シングルママ婚活

近年、「シングルペアレント移住」に力を入れている、島根県浜田市。
実際は、「事業」で移住してくる人は一部で、「自ら選んで移住」する人が多数派。
そういう人が増えると、「こんなことがしたい」という声も集まる。
さいきん知ったが、
「シングルママ」と「子育て好き男子」のおみコン。http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1477966845712/index.html

いっときは、「子連れ出戻り」というのは、「家の恥」みたいな扱いだったと思うが、
21世紀は、シングルママを町にしっかり根ふ付いてもらうために彼氏の募集も手伝う時代になってきた。

実際のところ、浜田までやって来るほどのシングルママさんは、「設定ライン」が高そうだ。

(フィリピンから過疎地に花嫁募集、なんていう時代ではなくなった。)
コンテントヘッダー

子どもの貧困 (都道府県別)

さいきん、世間で話題になることの多い、「子どもの貧困」について。
ふつうに考えれば、子どもがリッチなわけではなく、「子どもをもつ親」の貧困の問題。
 (ただ、「子どもの貧困」という言葉を使えば、「かわいそうだ」という同情をひくだけ。 根本的な解決に触れなくても、「子ども食堂」みたいなことで「努力」している地域が評価される。)

「慈善事業」というのは、キリスト教社会では活発だが、それによって、社会保障が届かない所が生まれても、誰も「責任」を負わない。

全国の「貧困」率平均を上げている大阪府は、けっこう、「いろんな事業」が盛んなところだが、
「困ってる人にどう手を差しのべよう」という所で終始して、
「困らないためにどうするか」に手が届かない。

西日本で、ポツリと白いのが目立つ「10%未満」は、島根県。
kodomo
山形大学・戸室准教授調査データ
「同じような田舎」の鳥取県が「全国平均より悪い」のと比べると、「子育てに適した条件」というのが想像できる。

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

都道府県魅力度ランキング2016

10月に発表された、「都道府県魅力度ランキング」(株式会社ブランド総合研究所)によると、
http://uub.jp/pdr/s/m.html
トップの北海道、最下位の茨城県は、この8年間かわらず。 
 (たぶん、「調査母数」の多い東京や南関東の人々にとって、北関東のイメージが悪いんだろうなあ・・。)

昨年から順位を上げたのが、
大分県(32→15位。2.5ポイントアップ。)
島根県(41→27位。2.4ポイントアップ。)
富山県(30→18位。1.1ポイントアップ。) 
佐賀県(45→38位。1.2ポイントアップ。)といったところ。
  最下位の茨城県も、順位はかわらなかったが、1.8ポイントアップで、46位の栃木県に「0.1ポイント差」に迫った。

順位を下げたのは、
栃木県(35→46位。4.4ポイントダウン。)
徳島県(34→44位。4.2ポイントダウン。)
岐阜県(29→42位。6.2ポイントダウン。)
福井県(31→41位。5.1ポイントダウン。)
  2ポイント上げるのが大変な割に、5ポイントが平気で下がってしまうという。

調査の「幅」があるだろうし、そもそも、どういう尺度なのかわからないが、
気になるのが、兵庫県。
「上位」も「下位」も、上がったり下がったりしながら、だいたい「定位置」を動いているのだが、
兵庫県は、コンスタントに?下がる一方。 
「元」が、神戸や宝塚の華やかなイメージで「魅力的」上位だったのが、だんだん「並み」になってきたのだろうか。

島根とか、佐賀とか、「知名度の低い県」が、地道なPR努力でポイントを上げたような気はする。

もちろん、「よそ者がイメージとして抱いている」魅力度であって、けっして、「住みやすさ」は反映していない。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

コンテントヘッダー

しまね留学情報

新年度、「しまね留学」案内のページができていました。

公立高校に寮がある割合で、ダントツ一位が島根県。
(これは予想できたが、むしろ、岡山が三位にいるのがびっくり? 市内にはなかったなあ。北部の高校だろうが、そんなに数があったか?)

「校数」計算なので、生徒数が学年400人でも40人でも、「一校」は「一校」。
そんなに「寮生」が多いわけではない。
(寮がある高校も、生徒が1人でもいれば~ 1人では廃止になっちゃうが ~ 「一校」の扱い。)
過疎化と少子化で、県内生向けの寮も「定員われ」が続いて、維持が困難になるが、廃止しちゃうとさらに過疎が進む。
遊ばせるより県外からも生徒を・・という発想。

島根県の高校進学率が全国トップクラスなのは、
地理的不利を、カバーする努力があってこそ。
離島の多い沖縄県など、もっと多くてもいいと思うが、宮崎や熊本より低い。
進学しようとしても、高校に行く費用がバカにならん。
(進学率が低いから寮を作らないのか、寮がないから進学率が低いのか。)

近年「しまね留学」は静かなブームもあるようだが、
わざわざ「不便」を覚悟で田舎に行く生徒(そんなところにコンビニやゲーセンはない。マクドもミスドもないぞ)は、
明日の社会を引っ張っていく力になると思う。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。