コンテントヘッダー

第30回社会福祉士 国家試

http://www.omiya-fukushi.co.jp/p07_1517624803310.html

2月4日の試験は、わりと簡単だったという感想が聞かれる。
(何回か受けた人が、今年はできた、という。
ただし、去年のほうが簡単だったら、去年合格してるから、今年は受けてないだろう。)

例によって、「速報」を出す業者。
【藤仁館学園グループが独自に作成した予想解答】は、
150問のうち、「当日速報」から、「修正」が10問。
(何回か修正を重ねて、2/6.20:00現在。ちなみに、昼に見た時は4問だった。)

「グループ」の「プロ」が手分けして解答して、7%の「修正」になるか。
受験生には、「見直し」の時間はないぞ。

個々の問題は、後日コメント予定。(公式の「正解発表」に対して。)


しかし、「簡単だった」試験なんでしょ?
(前半が厳しくて後半が楽だった、という感想の通り、「プロ」が間違いだと答えを直すのは、前半に集中しているなあ。)
スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コンテントヘッダー

里親「なってみたい」世帯

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000093-mai-soci

<日本財団>里親「なってみたい」100万世帯超と推計
(1/31(水) 19:41配信 毎日新聞)

 親元で暮らせない子を児童相談所の委託で原則18歳まで育てる里親について、なってみたいと考えている世帯は6%に上るとの意識調査結果を、日本財団がまとめた。里親の条件に合う1780万世帯に当てはめると106万世帯になり、実際に里親登録している約1万1000世帯の100倍近くなる。財団は里親制度への情報不足がギャップの背景にあると分析している。

《 調査は昨年11月、全国の20~60代の男女1万人にインターネットで調査した。「里親になってみたい」と回答した人は「どちらかといえば」と合わせ6.3%。制度については、約6割が「名前を聞いたことがある程度」だった。》

インターネット調査の回答者を「全対象者」に拡大するのは乱暴な計算だ。
(対象者の層と回答者の層が一致してなければ「当てはめる」意味がない。)

《 回答者の中から1500人を抽出し、「子どもの生活費として養育費が支給される」「日本には里親を必要とする子どもが3万人いる」といった情報を提供した上で改めて意向を聞いたところ、最終的な推計希望者は12.1%に増えた。情報提供前に、里親家庭に公的な経済支援があることや2カ月などの短期間でもできることなどを知っていた人は、ごく少数だった。》
記事がどれだけ調査を正確に伝えているか、という問題だが、
多くの人は、「養育里親」の知識は持ってない。(養子縁組の延長ぐらい)

なお、養育里親に支払われるのは、「子どもの生活費」と、(里親さんへの謝礼に相当する)「里親手当」になる。

当然、責任のある仕事だから、
お気軽にできることではない。
登録された方でも、実際に委託を受けた方は3割ほどしかない。
(子どもを親の所有物のように扱う世界では、
思い通りに行動しない子に対してすぐプッツンする大人が多い。)
ネットで「やってみたい」ぐらいの人で、どうなんだろうか。
コンテントヘッダー

阪大の入試問題ミス

昨年の阪大入試で、物理の出題のミスがあり、
30人が遡って「合格」となった。という。

社会福祉士士の国家試験なんか、毎年のように「不適切」問題があり、
「不適切」と認めないものであっても、イチャモンの山がある。
試験日以後、各社が「解答速報」を出すが、
それぞれ「正答」が違う。
(五択問題で違う、って何だろう?と、毎年思う。)

物理の問題で「より適切なもの」なんかないだろうし、
計算が違うとかなら、「解答速報」を出す予備校が黙っていないだろう。
どんな「ミス」だったんだろうな。
(たぶん、説明されても理解できんようなことなんだろうなあ。素人には。
~生物と化学で受験した、元受験生)

テーマ : 教育問題
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

健康で文化的な最低限度の生活

憲法25条。
どこまでが「最低限度」か?というのは、
「朝日訴訟」の頃から問われ続けてきた。
これは、誰が問い続けなければならないことだろう。

柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館ビッグコミックスピリッツ連載)コミック1~4発売

何かを犠牲にしなければ、健康を維持できないようなのは、文化的でない。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。 (憲法前文)
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 (憲法12条)

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

コンテントヘッダー

再婚率

日本の婚姻のうち、3割近くが「再婚」だ、という。
夫婦の「再婚」率が過去最高に、夫婦ともに「初婚」は過去最低
TBS系(JNN) 1/18(水) 22:40配信

厚生労働省が2015年の1年間に結婚した夫婦を分析したところ、夫婦の一方、または両方が「再婚」だった割合は26.8%で、比較可能な1975年以降で過去最高になりました。その分、夫婦がともに「初婚」の割合は73.2%と、過去最低に落ち込みました。
年間の婚姻数に対して3割以上の離婚数がある現実から見ると、(たしか、2015年は結婚62万件・離婚22万件ぐらい。)
(もちろん、同じ人が結婚して離婚して再婚しているわけではない)
結構なリカバリー率なのか?  (再婚がリカバリーなのかどうかの問題も別にあるが。)

離婚率が3割超というのは、確率としては「鈴木誠也にヒットを打たれる」ようなもんだが、(~打たれたピッチャーは責められない)
同じヒットを打たれるにしても、
ランナーなしでシングルヒットなのか、
「神ってる」逆転サヨナラホームランを打たれるのか、 の違い、なんだそうな。
 「ポイントのうちのひとつ」であって、すべてではない。

テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード