コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『佐賀のがばいばあちゃん』 劇団NLT

 ご存じ、島田洋七原作のベストセラー。

岡山市民劇場 '10 3月例会
 脚本:青木 豪
 演出:釜 紹人

  阿知波悟美(あちわさとみ)、ほか。

  岡山市民文化ホール
     12日  18時45分
     13日  14時
     14日   14時
     15日  12時30分
     15日  18時30分

  西大寺市民会館
     10日  18時45分
     11日  13時

お問い合わせは、市民劇場事務局086-224-7121 (FAX224-7125)

「貧乏には二通りある。暗い貧乏と明るい貧乏。
 うちは明るい貧乏だからよか」

小説「佐賀のがばいばあちゃん」の番外編として、劇団NLTが舞台化します。
  (劇団公演チラシより)


※地方公演は例外を除いて各地の会員制の演劇鑑賞団体の主催ですので、一般券の発売はありません
  1月~2月 『佐賀のがばいばあちゃん』
   全国演鑑連 静岡ブロック
  3月~4月 『佐賀のがばいばあちゃん』
   全国演鑑連 中国ブロック、近畿ブロック
  5月~6月 『嫁も姑も皆幽霊』
   全国演鑑連 首都圏ブロック、長野ブロック
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。