コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

自給党宣言

「アジア太平洋地域に1匹の妖怪が徘徊している。・・」
   とでも表現したくなるのが、
  TPPという名の妖怪。  

 「自由」や「開国」の名で、 日本にバラ色の花を見せながら、
「農業は少々犠牲になるが、ちょっと我慢してもらおう」というのが、いまの日本の「非農」グループ(「商」や「工」)。
 国の方針として、「犠牲になる農家はセーフティネットで保護したら問題ないだろう」のレベルで進んでいる。

いや、「輸入農産物が安い」のは、プランテーションの児童労働や、農地使い捨ての環境破壊を前提とした生産のせいで、
それを基準にして、「日本の農業生産は競争力がない」というのは間違っている。

それを言い出したら、「日本の工場労働者は、タイの労働者より賃金が高い」と、さらに雇用条件が悪くなる。

(日本の主力産業である、家電や自動車は、いまでも海外生産してるから、
 TPPで「自由化」されたら、ますます「メイドイン・アジア」が入ってくるだけで、 
 巷でいわれるような雇用拡大になるはずがない。)

 いま、米の生産者価格が60kgあたり1万円を切っているが、
末端価格で5kgの袋が2000円ほど。(60kgで2万4000円)
 小売り価格の半分以上は流通経費で、農家の手取りを減らしても、価格の根本ではない。
 (海外輸入したほうが安いというのは、ほとんど生産者に渡らない、=つまりは奴隷労働状態ということ)

 農家は、経営できなけりゃ「廃業」すればすむけれど、
じゃあ、他の人は、何を食べるの・・?

 戦前の列強が、植民地拡大合戦をしてたのを、「合法的にルールを決めよう」になっただけだと思う。

困ったことに、「いじめに参加しない子はいじめられる」の状態が、
マスコミまで使って公然と行われているのが恐ろしい。
スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。