コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「片づけたい女たち」 グループ る・ばる ~市民劇場’13 2月例会

グループ る・ばる
松金よね子
岡本麗
田岡美也子


キャストは、元・高校同級生のオバチャン3人組。
場面は「片付かないマンション一室」のみ。

単に、「部屋が片付かない」だけでなく、
みんながそれぞれに「片付かない」ものを抱えながら、
結局は、片付けられないままだった。

(これが、うまく片付いて「ハッピーエンド」になってたりしたら、ただの三文芝居。)
誰しも(たぶん)人に指摘されないと自らの「片付けるもの」が見えないもんだ。

あ~、松金さんの「オチョビ」に片付けに来てほしい♪


今から予想しても仕方ないが、
年末の「市民劇場賞」のアンケート投票を展望すると。

2月のインパクトを12月まで維持するのは難しい。
(だいたい、作品賞は「後半」上演から選ばれている。)
「女優賞」は、片付けようとする人の松金票と、片付かない開きなおりの岡本票に分かれて、
  (バンジージャンプを跳ぶアクティブな田岡票はどうだ・・?)
「次」の土居さんにかなり及ばないだろうなあ…。

狙いの「演出賞」は、「身に覚え」のある人の票が集まると思うが、
正直なところ、始めから終わりまで「おばちゃんトーク」は、劇場主戦力の「おばちゃん票」を集められるのか?

ちなみに、「なま」の舞台に比べて、モニターの画面(観ない日の会場手伝いのとき)で見たほうが、
(「遠近法」によって、)
びっくりするほど広い部屋に見えました。 アレを片付けるのは大変だ。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。