コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

代々木ゼミナールのリストラ

予備校の「御三家」といわれた、代々木ゼミナールが、
地方の教室を閉校するという。  (地方、といっても、そこそこの大都市だ)

「少子化」で受験生の数が減るし、
浪人してまで「第一志望」を目指す学生がいなけりゃ、予備校の通学生がいなくなる。

いっときは、「予備校の寮」があったが、そこまでして受験勉強をさせる親の負担も大きい。
(一浪しても、国立に入れば36000円の授業料だった時代ならともかく)

私立が「センター入試」に参加すると、
「どこの大学も同じ受験勉強」になるし、 国立が「推薦入試」をやると、学校次第で入れる大学が決まる。
「東大をめざす学生」ばっかりでは、数として企業として利益があがらん。

代ゼミや河合塾が京都に進出するあおりで、「関西文理」みたいな地元の予備校が消えて行ったが、
これからは、「大きいことがいいこと」でなくなってくる、時代の見直しの象徴かも。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。