コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

病気は 「原因」なのか 「結果」なのか。

相模原市の障害者施設殺傷事件で、逮捕された「元職員」が、「精神措置入院」歴があったと言われている。
病院が「措置入院を続ける必要はない」として退院させたことを非難するような野次馬発言も見受けられるが、
これは偏見だ。

大量殺人を起こすような犯罪者の大半は「病気のない」人達で、(日本赤軍やオウムなどの事件でもそうだ)
精神入院するような人達は、たいていは、計画的な犯罪をするほどの余裕がない。

(「被害妄想」などで、犯罪に走ってしまう人もいるが、
  ~措置入院になるのは、周りから「襲われる」という妄想でパニックを起こしたようなとき。落ち着いたら退院する。~
 「率」としたら、「精神障害を持たない人」のほうが、刑事犯罪を起こしている率が高い。)

戦争経験者が、「当たり前に人殺し」をするような生活で心を病むことは多い。
今回の犯人の場合でも、犯罪も、病気も、「結果」なんじゃないかと思う。

そもそも、福祉労働は、仕事量(質も伴って)のわりに給料が少ない仕事だが、
根本のところで社会的評価が低い。

障害者施設を、「障害者の権利を守るための場所」と思わず、「障害者をとじ込める場所」みたいな意識だと、
「自分の思うように反応してくれない障害者」に対して腹も立つし、虐待も起こる。

先進国では、精神入院の人数は圧倒的に少ない。(アメリカみたいな低福祉国も含め)

これから、入院患者の「退院促進」が、厚労省の方針ではあるが、
「病院のかわりの収容施設」対応になっていったんでは意味がない。

そういう、「差別助長の報道」になりそうなのが不安だ。
  (たぶん、ネット上では、そんな書き込みが氾濫しているだろう。)

患者の健康と権利を守るために行う制度だ、という根本があるんだが。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。