コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

チョコレートの陰

ガーナは「チョコレートの国」か? チョコレートにみる「矛盾との向き合い方」 (六辻彰二)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mutsujishoji/20170214-00067648/
・・・近代以前のヨーロッパは、世界的にみて貧しい土地だったといえます。寒冷地が多く、土地がやせているため、大量に商品を生産するための原料となる農作物は多くありませんでした(実際、ヨーロッパ原産の農作物は数えるほどしかない)。さらに、人口も多くなかったため、大量に商品を売りさばくために必要な消費者の頭数にも限界がありました(現在でも人口が1億人を超えるのはドイツだけ)。そのなかで、資本主義経済と科学技術だけが発展したために、ヨーロッパ諸国は原料の供給地および独占的な市場として植民地を確保するため、海外進出を加速させたのです。

軍事力をもって支配したうえで、それらの土地から農作物や天然資源を輸入し、そして自分たちが作った工業製品を独占的に売りつける。これが植民地支配の基本的な構図でした。もっとも、「自分たちの利益のために外の土地を支配する」というのは、いくらなんでも聞こえが悪いため、そのためにヨーロッパ人たちは高尚な理屈をひねり出しました。「『未開・野蛮な』アジアやアフリカを『文明化する』ことが『文明人たる白人の責務』である」と、半ば本気で語られるようになったのも、この頃でした。もちろん、これは外聞の悪さを覆い隠すための、理論武装以外の何物でもありませんでした(これは日本と同様ヨーロッパでも「植民地支配は悪いことばかりでなかった」という言い分の源流になっている)。

ともあれ、植民地支配はヨーロッパ発展のステップとなり、それにともない華麗な文化が花開くことになりました。英国といえば紅茶の国ですが、これは茶葉の生産地だったインドを支配し、ケニアなどアフリカの植民地でもその生産を奨励した結果、可能になりました。現代の日本で、特に2月14日前後にスポットがあたるベルギーやフランスのチョコレートも、植民地主義の遺産という意味では、ほぼ同様といえます。補足すれば、紅茶やチョコレートに付き物の砂糖も、アメリカ大陸において奴隷制のもとで大量に生産され、輸出されたことで、ヨーロッパで普及していきました。・・・


TPPの話題の時に、「関税」がどうのとか、規制がどうのという話ばかりが盛り上がって、
チョコレートの話題なんて、マニアックなものになってしまった感がある。

以前、アムネスティが、「バレンタイン・アクション」をやっていた。(最近、聞かないが)
チョコレートの生産は、植民地での奴隷労働に支えられたプランテーションであり、
いまだに「子ども労働力」を搾取することで成り立っている。
「子どもの権利条約」なんて、どこにある? という現実とともに、
日本が「奴隷労働禁止条約」を批准していない、恥ずかしい国でもある現実を見なければ、安易にチョコのプレゼントで浮かれていられない。

時代とともに、流通様式も変わってきたが、思想として、
「誰か」の貧困労働の上に胡坐をかいて、自然環境も物的・人的資源をや我が物顔に手に入れようというのが、
いまの「TPP」の根本に横たわっている。

「大日本帝国」の侵略行為を「悪事」と認めるのを、「自虐」だという人たちは、
いまだに「過去の侵略」を「現代に引きずる」発想なんだろうなと思う。
植民地依存しないと「道」が開けないのが、まったく進歩のないことで。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史認識
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。