FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

まだ、ネタが残ってたか。STAP細胞。

ほとんどの人は忘れてしまってたと思うが、
STAP細胞「パクリ論文」のO研究員(元)。

早稲田大学が「取消し」した博士号を「訂正」すれば、取り消しせずにおいてやろう、という話だったらしい。
研究レベルが低い、というようなことでなく、論文自体が「パクリ」だったから、「自分の言葉で書き直せ」という温情だろう。
(カンニングがバレて、入学取消しになった受験生に、再試験してやる大学、って、聞いたことがない。)
最初の審査の時は、(まさか、データ自体が捏造されたりパクリだったりすると思わなかった)担当教官が見逃した「非」を認めての「再提出」だ。

で、合格点がとれる論文ができなかった。
 (ちゃんと自分がやった実験結果をまとめるだけなら、新たに実験しなおす必要もないはず。)
元の論文や研究報告はすでにあるわけだから、何度もやりとりはいるまい。

代理人弁護士によるコメント。(公開発表原文なら、全文引用しても著作権侵害にはあたるまい。)
http://www.nikkansports.com/general/news/1560989.html しかし、スポーツ新聞が飛びつくネタなんだなあ。

早大の博士号取り消しに関する小保方晴子氏の反論コメント

 「今般の早稲田大学の決定について」

 私は、学位論文について、実質的な審査対象論文と異なった初期構想時の論文を誤って提出したことに対し、論文訂正と再度の論文指導を受ける機会を与えて頂きました。このため、大学設置の調査委員会によって指摘された問題点をすべて修正して論文を再提出したところ、このたび、前回の授与時判断と異なった結論を出されました。

 昨年、総長からは、指導過程および学位授与の審査過程に重大な不備・欠陥があったとの理由から、猶予期間を設けて論文訂正と再度の論文指導を受ける機会を与えるとし、これが適切に履行された場合には取り消さず学位を維持する、とのご決定を戴きました。私はこれに従い履行したにも関わらずの今回の決定には失望しています。

 このような経緯の下での今回の判断は、総長のご決定の趣旨及びその背景にある大学調査委員会報告書のご意見に大きく外れるものであり、学位規則の取消要件にも合致しないものでもあると思います。

 前回の学位授与は、私の在学中に研究活動を指導し、研究の進捗状況等の報告をさせて頂いていた教官の先生方らによって、正式な審査過程を経たうえで授与されたものです。しかし、今回の同じ研究科における再度の審査過程では、今回の修正論文は博士に値しないとされることは、前回の授与判断時と大きくかい離する結論であり、指導過程、審査過程の正当性・公平性について大きな疑問があります。

 今回は、修正論文提出前から、担当教官によって、「今回は合格する可能性はとても低い」と伝えられ、不合格の理由においても、審査教官から「博士として認めることのできないのは一連の業界の反応を見ても自明なのではないか」とのコメントがあり、学術的な理由とはかけ離れ、社会風潮を重視した結論を出されたことは明らかです。また、今回の修正作業は、入院中、加療中での修正作業となり、思考力・集中力が低下しており、博士論文に能力を発揮できる健康状態ではないとの診断書を大学に提出しておりましたが、ほぼ6年前の米国に保存されている研究資料を提出することなどを求められ、しかも厳しい時間制限等が課されるなど、心身への状況配慮などは一切なされず、むしろそれが不合格の理由にも採用されました。

 修正論文提出後、「審査教官とのやり取りは始まったばかり」との説明を受けましたが、一回のやり取りだけで不合格の判定をされ、それに対する私の意見も聞く耳を全く持って頂けない状況でした。これでは、当初から不合格を前提とした手続きであり、とても不公正なものであったと思います。この点については、大学にも改善をお願いしましたが、残念ながら聞き入れて頂けませんでした。

 博士論文の骨子となる内容はSTAP細胞研究の足掛かりとなった研究成果であり、理研で行われた検証実験においても一定の再現性が認められているものです。

 博士論文執筆当時、この研究が広く役立つ研究に成長していく事を夢見て日々過ごしていました。私の研究者の道は不本意にも門が閉じられてしまいましたが、いつか議論が研究の場に戻る日々を期待し、今回再提出した博士論文や関連するデータは年度内をめどに随時公開して参る所存です。
(原文のまま)
( 色付けは筆者。)

「社会風潮」というのが、困ったものであることは事実だが、この場合は、「パクリ」やら「捏造」の疑惑報道だろう。
一定の再現性というのは「こういう条件では、こういうことがおこる」という客観的データの積み重ねだが、
「陽性かくにーん。よかった。」というような主観では、最初からアウトだ。
  「私がやった時にはできた」というのは、学術論文としては成り立たない。
   (文系だと、ときどきあるかな。)

パワハラで不当解雇された非正規職員の訴訟とわけがちがう。
  ということを、わかってないんだろう。  文系の代理人弁護士も。

スポンサーサイト

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

早稲田が反論?

早稲田大学が、これに対して、反論したそうだ。

わざわざ、反論するまでもない、低次元の話で、「告訴でもナンでもしろ。恥をかくのはアンタのほうだ。」
で済むんだが、
今時は、受験生が「あやしげなツイッター情報」を拾うから、
いちおう発表しなけりゃならん、ということか。
プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。