FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「差別書き込み」さわぎ。

「浦和サポーター」を名乗る投稿者が、
ハットトリックを決めたガンバ大阪のブラジル人選手に対して、「黒人死ね」とかいう、差別書き込みをして、
関係者が「対応」を協議しているという。
http://mainichi.jp/sports/news/20151129k0000m050076000c.html
 
J1:「浦和ファン」が人種差別書き込み ガ大阪選手に
毎日新聞 2015年11月28日 23時30分(最終更新 11月29日 00時19分)

28日に埼玉スタジアムで行われたサッカーのJ1チャンピオンシップ準決勝、ガンバ大阪−浦和レッズの試合後、ガ大阪のブラジル人FWパトリック選手(28)に対し「黒人死ねよ」との人種差別的書き込みがインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されていることが分かった。投稿者のプロフィルには「浦和レッズのサポーター」と明記されており、浦和やJリーグは対応を協議している。

じっさい、「これぐらい」の差別発言は、世間ではザラにある。
ヘイトデモで刑事告発された「在特会」など、もっとひどいことを平気で言いふらしている。

サッカーだけ(?)、世間の反応が敏感なのか?

というよりも、
サッカー界のほうが「世界標準」であって、 
甲子園やら旧大阪球場で「ヤジ」を飛ばすオッサンが当たり前になってた野球のほうが「前近代」なのか。

浦和レッズインフォメーション 15.11.28
SNSにおける差別的な投稿について

本日28日、開催された明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ(浦和レッズvsガンバ大阪)に関連して、ガンバ大阪のパトリック選手に対する差別的な投稿がSNSにおいてなされたことが確認されました。

発信者がどのような人物で何を目的に書き込んだかは特定できませんが、浦和レッズは差別を絶対に許しません。
昨年には、国際サッカー連盟(FIFA)総会の決議を尊重し「人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めない」とする差別撲滅宣言をしました。

また、提携する国連の友アジア-パシフィックと共に差別撲滅に向けた取組みを行うためのアクションプログラム(行動計画)を策定し、5年計画で実施しております。啓発を重視し、ほぼ毎年差別撲滅を推進する「SPORTS FOR PEACE!デー」をホームゲームで設定しているほか、毎試合、来場するファン・サポーターの皆さまにも「差別撲滅宣言」への署名をお願いする等長期的な取組みとして臨んでおります。

浦和レッズは差別を断固として許しません。
今後とも、サッカーファミリーの一員として、差別撲滅に向けた取組みを進めてまいります。

浦和レッドダイヤモンズ
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。