コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

しまね留学情報

新年度、「しまね留学」案内のページができていました。

公立高校に寮がある割合で、ダントツ一位が島根県。
(これは予想できたが、むしろ、岡山が三位にいるのがびっくり? 市内にはなかったなあ。北部の高校だろうが、そんなに数があったか?)

「校数」計算なので、生徒数が学年400人でも40人でも、「一校」は「一校」。
そんなに「寮生」が多いわけではない。
(寮がある高校も、生徒が1人でもいれば~ 1人では廃止になっちゃうが ~ 「一校」の扱い。)
過疎化と少子化で、県内生向けの寮も「定員われ」が続いて、維持が困難になるが、廃止しちゃうとさらに過疎が進む。
遊ばせるより県外からも生徒を・・という発想。

島根県の高校進学率が全国トップクラスなのは、
地理的不利を、カバーする努力があってこそ。
離島の多い沖縄県など、もっと多くてもいいと思うが、宮崎や熊本より低い。
進学しようとしても、高校に行く費用がバカにならん。
(進学率が低いから寮を作らないのか、寮がないから進学率が低いのか。)

近年「しまね留学」は静かなブームもあるようだが、
わざわざ「不便」を覚悟で田舎に行く生徒(そんなところにコンビニやゲーセンはない。マクドもミスドもないぞ)は、
明日の社会を引っ張っていく力になると思う。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。