コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

児島半島は、岡山市も。


岡山駅前の地下街。
路面電車や反対側道路に向かう通路の両側に、
「ご当地」PR看板(スポンサーはキリンビール)が並んでいる。

各市町村の位置を赤色で示してあるのだが、
玉野市の範囲が、(本当は岡山市のエリアまで)児島半島全部を含んでいた。



宇野線は、岡山市を出て早島町、倉敷市、その後、玉野市に入る前に、(旧・灘崎町は)また岡山市を通る。
岡山駅を利用する市民もいるはずだ。

だいたい、玉野市の代表が宇野港はわかるが、
岡山市の代表が、たけべ温泉なのか? (まだ、湯迫温泉のほうが・・。)

(さいきん、岡山駅も「通過」「乗り換え」しか使わないことが多いので、気にして見ることもなかったが、
 「外」から来た人にウソを教えちゃいかんだろう。)

まさか、「飛び地」(締切り堤防で道路はつながっているが)になってると思わなかった県外業者が、地図の市境を1つ見落としたのだろうが、
地元の人達は、誰もつっこまないのか? (誰も見てないなら、広告が無駄なもの?)

・・と思ったが、実は、岡山市のホームページ」に、倉敷川以南が南区から抜けている地図が使われている。
http://www.city.okayama.jp/index.html
000001137.gif
間違いのおおもとは岡山市だった。(大元駅は岡山市だが)
旧灘崎町は、政令市をめざす「平成の大合併」で編入された区域だが、児島半島の旧小串・甲浦村は私が生まれる前から岡山市だった。
関係者は、誰も気づかんかったのか。
スポンサーサイト

テーマ : 岡山市の地域情報
ジャンル : 地域情報

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。