FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

都道府県魅力度ランキング2016

10月に発表された、「都道府県魅力度ランキング」(株式会社ブランド総合研究所)によると、
http://uub.jp/pdr/s/m.html
トップの北海道、最下位の茨城県は、この8年間かわらず。 
 (たぶん、「調査母数」の多い東京や南関東の人々にとって、北関東のイメージが悪いんだろうなあ・・。)

昨年から順位を上げたのが、
大分県(32→15位。2.5ポイントアップ。)
島根県(41→27位。2.4ポイントアップ。)
富山県(30→18位。1.1ポイントアップ。) 
佐賀県(45→38位。1.2ポイントアップ。)といったところ。
  最下位の茨城県も、順位はかわらなかったが、1.8ポイントアップで、46位の栃木県に「0.1ポイント差」に迫った。

順位を下げたのは、
栃木県(35→46位。4.4ポイントダウン。)
徳島県(34→44位。4.2ポイントダウン。)
岐阜県(29→42位。6.2ポイントダウン。)
福井県(31→41位。5.1ポイントダウン。)
  2ポイント上げるのが大変な割に、5ポイントが平気で下がってしまうという。

調査の「幅」があるだろうし、そもそも、どういう尺度なのかわからないが、
気になるのが、兵庫県。
「上位」も「下位」も、上がったり下がったりしながら、だいたい「定位置」を動いているのだが、
兵庫県は、コンスタントに?下がる一方。 
「元」が、神戸や宝塚の華やかなイメージで「魅力的」上位だったのが、だんだん「並み」になってきたのだろうか。

島根とか、佐賀とか、「知名度の低い県」が、地道なPR努力でポイントを上げたような気はする。

もちろん、「よそ者がイメージとして抱いている」魅力度であって、けっして、「住みやすさ」は反映していない。
スポンサーサイト

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おっさん@社会福祉士

Author:おっさん@社会福祉士
お芝居は好きですが、
「ハッピーエンド」の話はもの足りん、という、困った奴?
安物のフィクションより、現実のほうがドラマチックと思うと、「非日常」を求めて観劇する意義が薄れる。

自称「すきま研究者」。誰もやってないことは、自分が先頭に立てるはずだが、誰もやってないことを確認するのも難しい。誰もいないと寂しいし・・。というジレンマ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。